土木や建築現場で役立つ資格やスキル・作業効率アップに繋がる理由とは?

土木や建築現場で役立つ資格やスキル・作業効率アップに繋がる理由とは?

この記事をご覧の皆さんの中には、土木や建築現場で役立つ資格やスキルにどのようなものがあり、資格の取得は作業効率アップに繋がるのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

土木建築の業界における資格にもいろいろなものがあり、何の前提知識もなくどの資格を取得するのかを判断するのはとても難しいことだと思います。

そこで、この記事では、土木や建築現場で役立つ資格やスキルにはどのようなものがあり、作業効率アップに繋がる理由とは何か、などについて説明していきますので、最後までご覧ください。

土木や建築現場で役立つ資格やスキルには何があるのか?

自分自身のスキルの向上のために土木や建築現場で役立つ資格やスキルの取得を目指すとしても、具体的に土木や建築現場で役立つ資格やスキルにはどのようなものがあるのか、以下において説明していきます。

技術士(建設部門)

「技術士」とは、高等な科学技術に関する分野とみなされている21分野において、高度な専門知識を持つ者であると国により認められた技術者のことです。

「技術士」の資格は、建設業界において最高峰の資格の1つで、この資格を取得すれば、
建設に関して高度な知識や、実務経験を有している人材であるとみなされるので、現場において重宝されやすくなります。

RCCM

「RCCM」とは、シビルコンサルティングマネージャの略称です。この資格を有することで土木工事関連の専門技術者であるとみなされます。

上記で説明した技術士(建設部門)は国家により認定された資格ですが、この資格は、一般社団法人「建設コンサルタンツ協会」により認定されている民間の資格になります。

この資格を有することによって、「管理技術者」、「照査技術者」として土木構造物の施工に関する業務や、地盤、地質調査に関する業務を行うことができるようになるので、建設業界において実用性の高い資格の1つと言えます。

土木施工管理技士

「土木施工管理技士」とは、土木工事の施工の現場において、主任技術者や管理技術者の職に就くことができるようになる資格のことです。

主任技術者や管理技術者の職に就くことによって、施工計画の立案に携わることができるようになり、土木建築の現場においても高度な知識が求められる立場で業務を行うことができるようになります。

「土木施工管理技士」には、1級と2級の資格があり、それらの具体的な内容については以下のようになっています。

一級土木施工管理技士

「一級土木施工管理技士」の資格を取得することによって、河川、道路、橋梁港湾、鉄道、上下水道などの工事において主任技術者や管理技術者の職に就くことができるようになります。

工事を施工する際には、その現場を技術的に管理する者を置かないといけない決まりがあり、その管理者が「主任技術者」や「管理技術者」なのです。

「主任技術者」と「管理技術者」の違いですが、「主任技術者」の業務内容は、施工計画の立案、材料などの品質管理を行い、工事施工に伴う安全管理を行うことで、「管理技術者」は、上記のものに加えて、下請け業者の管理なども含まれている点が異なります。

また、工事の規模によっても取り決めがあり、外注総額4,000万円以上の規模の大きい工事では、現場に「管理技術者」が必要で、それ以下の規模の工事の場合は、「主任技術者」を置けばすむ決まりになっています。

二級土木施工管理士

「二級土木施工管理士」の資格を取得することによって、土木、鋼構造物塗装、薬液注入などの工事において主任技術者の職に就くことができるようになります。

「二級土木施工管理士」の資格は上記の1級と比べると難易度はやさしいので、1級を取得する前に取得を試みる人が多い傾向にあるようです。

「土木施工管理技士」の資格の取得を検討している人は、「二級土木施工管理士」の取得から始めてみると良いのではないでしょか。

コンクリート診断士

「コンクリート診断士」とは、一定以上のコンクリート診断、維持管理の知識や技術を持っていると認定された人が取得することができる資格のことです。

この資格を取得することによって、コンクリートを扱う工事現場や、コンクリート製品の開発や製造などを行う企業などにおいて活躍することができる可能性があります。

コンクリートに関する専門知識を身に着けることができるので、土木建築の業界で一定以上の活躍をしたいと考える人は取得をおすすめします。

スキル・作業効率アップに繋がる理由とは何か?

上記で説明したような資格を取れば、なぜ、スキル・作業効率アップに繋がるのか、具体的には以下のような理由によるものです。

  • 1. 上記のような資格を取ることによって、関連業務の専門的知識が身につくこと
  • 2. 身に着けた専門知識と今までの実務経験を組み合わせることによって、高度な実務能力を身に着けることができること
  • 3. 高度な実務能力を身に着けることによって、高度な業務を行う職に就けること

このような理由から、スキル・作業効率アップを実現したい人は、取得を検討してみると良いのではないでしょか。

まとめ

ここまで、土木や建築現場で役立つ資格やスキルにはどのようなものがあり、作業効率アップに繋がる理由とは何か、について紹介しました。
この記事がご自身の土木・建築業界での目標を叶えるための参考になりましたら幸いです。