土木作業員がきついと言われる3つの理由と、入社前に気をつけたいポイント

土木作業員がきついと言われる3つの理由と、入社前に気をつけたいポイント

この記事をご覧の皆さんの中には、土木作業のお仕事に興味があるが、なぜきついと言われるのか、入社前に注意するべき点には何があるのかという疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。
建築土木の業界への就職や転職を検討する上で、不安に思われる点ついてしっかりと理解して業界に入っていきたいと思う人がいても不思議ではありません。

そこで、今回の記事では土木作業員がなぜきついと言われるのか、入社前に注意するべき点には何があるのかなどについて説明していきます。

土木作業員がきついと言われる理由には何があるのか?

土木作業員についてインターネットなどで情報を集めたことがある人なら理解していただけると思いますが、土木作業員はきつい仕事であるという趣の情報が数多く見られます。

なぜ土木作業員はきついと言われているのか、その理由としては以下のようなものが挙げられます。

業務の性質上一定以上の体力が必要になる

土木作業員の業務内容には、重い建築資材の運搬作業やスコップを使っての作業、など力を使うことが必要になる場面が多くあります。

夏場では気温の高い環境下で上記のような作業を行う必要がありますので、通常の季節よりも体力面の消耗は激しくなります。

上記で説明した業務内容を夏場においても通常通りこなしていかなければならないことから土木作業員には一定以上の体力を備えていることが必要になります。

怪我や事故が発生する可能性が高い職場であること

土木建築の現場においては重い建築資材がたくさんあり、機械を取り扱う機会も多くまた、重機の側で作業を行うことがあります。
そのため、安全管理の法律や規則は徹底されていますが、そのような環境下においては、オフィスで働く会社員などと比較して土木作業員の怪我や事故が発生する可能性が高くなる傾向にあります。

給与などの経済面での待遇が良くないこと

土木建築業界の平均年収は、厚生労働省の発表している平成30年版の賃金構造基本統計調査によると、「349万円」になっています。

あくまで平均ですが、ここだけ見ると上記で説明したような業務内容の体力的なきつさや怪我や事故に巻き込まれるリスクの高さから考えて経済的に良い待遇であるとは言えないかもしれません。

入社前に注意するべき点には何があるのか?

ここまで土木作業員がきついと言われる理由には何があるのかについて説明してきましたが、ここからは入社前に注意するべき点には何があるのかについて説明していきます。

入社前に注意するべき点には以下のようなものがあります。

体力面を鍛えておくこと

土木作業員がきついと言われる理由の箇所で説明したように土木作業員は業務の性質上一定以上の体力を備えていることが求められます。

入社後に問題なく業務を遂行していくためにも特に体力面での自信がない人は体力面の強化を図っておくことは重要です。

現場でのリスク管理を考えておくこと

土木作業員がきついと言われる理由の箇所で説明したように、土木作業員の作業現場では怪我や事故に巻き込まれる可能性が高い傾向にあります。
作業現場での上記のような特性をあらかじめ把握し、自分はそのようなリスクを避けるためにどのようにすればいいのかを事前に考えておくことが重要になります。

給与や福利厚生などの経済面の確認

土木建築の業界の平均年収は危険性などを考慮して考えると他の業界と比較しても高いとは言えないのが現実です。

しかし、その中でも給与や福利厚生などの経済面が良い条件の会社を探し入社することができれば経済側面の満足感を満たすことも可能です。

土木建築関連の資格を取っておく

入社前に重機作業が行える免許などを取得しておくことによって現場で任せてもらえる
業務の幅が広がり給与をアップさせることができる可能性があります。

また、土木施工管理技士を取得すれば専任技術者になることができるので、現場監督などの責任者を任されるようになりやすくなります。

まとめ

ここまで、土木作業員がなぜきついと言われるのか、入社前に注意するべき点には何があるのかなどについて説明してきましたがいかがでしたか。

土木建築の業界は、上記で説明したように体力的にもきつく業務上の特性から危険性も高くこの業界に参入して円滑に業務を継続していくためには、事前に準備を入念に行っておくことがとても重要になります。

そこで、この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして土木作業員がなぜきついと言われるのか、入社前に注意するべき点には何があるのかなどの学習にお役立て頂けましたら幸いです。