【一級土木施工管理技士とは】土木業界の転職に有効な資格取得の方法をご紹介!

【一級土木施工管理技士とは】土木業界の転職に有効な資格取得の方法をご紹介!

この記事をご覧の皆さんの中には、「土木業界の転職に有効な資格にはどのようなものがあるのか」という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

土木業界の転職に有効な資格にはいくつかありますが、その中の1つとして一級土木施工管理技士という資格があります。

そこで、今回の記事では一級土木施工管理技士とはどのような資格なのか、取得方法にはどのようなものがあるのかなどについて説明していきます。

一級土木施工管理技士とは何か?

「一級土木施工管理技士」とは、河川、道路、橋梁港湾、鉄道、上下水道などの工事において主任技術者や管理技術者の職に就くことができるようになる資格のことです。

土木関連の工事を行う際には、その現場を技術的に管理する者を置かなければならない規定があり、その管理者に該当するのが「主任技術者」や「管理技術者」などの有資格者になります。

「一級土木施工管理技士」には「主任技術者」と「管理技術者」の2つの名称がありますが
両者には以下のような相違点があります。

  • 「主任技術者」の業務内容は、施工計画の立案、材料などの品質管理を行い、工事施工に伴う安全管理を行うことで、「管理技術者」の業務内容は、上記のものに加えて下請け業者の管理なども含まれている
  • 外注総額4,000万円以上の規模の大きい工事では、現場に「管理技術者」が必要で、それ以下の規模の工事の場合は、「主任技術者」を置けば済むようになっている

「一級土木施工管理技士」の資格は現場での責任者の職を担うために必要とされる資格で取得しておくと重宝される可能性が高い資格であると言えるでしょう。

一級土木施工管理技士の就職先とは?

一級土木施工管理技士の資格を取得すると具体的にはどのような企業などに就職することになるのでしょうか、具体的な就職先としては土木・建設関連の企業やゼネコン、その他自治体、国土交通省などが主な就職先になっているようです。

近年、工事現場では施工計画や安全面、品質面、工程面の品質の管理が重要視されており、
一級土木施工管理技士の資格取得者はそれらに関する知識や理論を身に着けているとみなされるため、取得しておくと就職や転職時に役に立つ可能性が高いです。

また、公共工事の入札の際に有資格者の数も入札の可否に影響を与える要素であるため資格保有者はこの観点からも重宝されやすくなると言えます。

受験資格について

土木施工管理技士の資格を取るためには受験資格をあらかじめ満たしておくことが必要になります。

1級に必要な受験資格については以下のようになっています。

学歴 実務経験 実務経験
指定学科卒業後 指定学科以外卒業後
大学卒
専門学校「高度専門士」
3年以上 4年6ヶ月以上
短期大学
高等専門学校
専門学校「専門士」
5年以上 7年6ヶ月以上
高等学校
中等教育学校
専門学校「専門士」
5年以上 7年6ヶ月以上
短期大学
高等専門学校
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)
10年以上 11年6ヶ月以上
その他 15年以上 15年以上

1級の資格を得たい場合には無条件ではなく、上記で上げた条件を事前に満たしておかなければならないので注意が必要です。

一級土木施工管理技士の学習を効率的に行うには?

令和元年の一級建築施工管理技士の受験者数は25,392で、合格者数が10,837、合格率が42.7%ほどで、直近5年間の合格率は40%前半から40%後半ほどを推移しており難易度的には標準的であると言えます。

しかし、受験資格を見れば分かる通り、全くの初学者ではなく大学などで土木建築を専攻していた人や一定以上の実務経験を有している人が多く、数字ほど簡単であるとは言えないことが想定されます。

そこで、一級建築施工管理技士を受ける前に二級土木施工管理技士の試験から受けてみると学習もはかどるうえ、一級建築施工管理技士の試験対策にもなって効率的に学習ができるのではないでしょうか。

土木施工管理技士の資格を取る方法は?

土木施工管理技士の資格を取るためにはどのようにすればいいのか、具体的な方法には以下のようなものがあります。

  • 1.独学での試験勉強(Amazonなどで専門書を購入して勉強する)
  • 2.通信講座を利用しての学習(ユーキャンなどの通信講座を利用して勉強する)
  • 3.講習会を利用しての学習(全国各地にある建設業の団体での講習会を受講して勉強する)

資格を取得するための学習方法としては上記の3つの方法が主な方法になりますので、ご自身の能力や性格に合った方法を選択して学習するのがいいと思われます。

まとめ

ここまで、一級土木施工管理技士とはどのような資格なのか、取得方法にはどのようなものがあるのかなどついて説明してきましたがいかがでしたか。

一級土木施工管理技士を取得すると転職時に評価されやすく自身の年収をアップさせることができる可能性があるので取得を試みるのもいいでしょう。

そこで、この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして一級土木施工管理技士とはどのような資格なのか、取得方法にはどのようなものがあるのかなどの検討に役立てると良いのではないでしょうか。